m.m.m(ムー) 人気のカラーチューナー全色解説!話題のカラー補正下地を使いこなそう!

自然の成分をふんだんに配合しながら、メイクアップの「楽しさ」「憧れ」を感じさせるメイクアイテムが特徴のm.m.m.(ムー)。大人気アイテムのスキンスムーザーは既にお使いいただいている方も多いと思いますが、スキンスムーザーに続く人気アイテムのカラーチューナーをご存じでしょうか?肌の色を補正し美しい素肌を引き出すカラー展開をはじめ、普段使いに嬉しいUV機能や保湿美容液効果も。今回はカラーチューナーの使い方やポイント、その魅力をご紹介いたします!


m.m.m.(ムー)カラーチューナーとは

「色を楽しむ・香りを楽しむ・肌を楽しむ」をコンセプトに作られたメイクベース(下地)のカラーチューナー。ファンデーションの下に仕込むだけで素肌のまま美しい肌へ補正します。人気の秘密はこちらの4点!

・お悩みや気分に合わせて選べる全6色のカラー展開
・・・肌の赤みやくすみ、色ムラなどのお悩みを解決する豊富なカラー展開。各色配合している精油ブレンドも異なるので、気分に合わせて使い分けても。

・SPF22+ PA++で日常のUVケアに
・・・テレワークの日はもちろん、ちょっとした外出でも安心のSPF22+ PA++。

・肌の潤いを守るエーデルワイスエキス(保湿)配合
・・・厳しい環境で生きるために自らを保護する物質を生成させるエーデルワイスのエキスを配合。肌を健やかに保ち、下地ながら保湿美容液の効果も。

・負担が少ない石鹸オフ処方
・・・多機能なのに石鹸オフ処方。肌への負担も少なく軽く使えるため、日常使いしやすい!


肌のお悩みや気分に合わせて使える6色のカラー

カラーチューナーは全6色(2021年8月現在:定番カラーのみ)の豊富なカラー展開。カラーだけではなく使用している精油も異なるため、香りもそれぞれ違うんです。肌のお悩みに応じて選んでいただくのはもちろん、その日の気分に合わせて香りで使い分けても◎
GR(グリーン)
お悩み:赤みを消して透明感のある肌へ。小鼻や頬など、赤みにの気になる場所への部分使いがおススメ!
香り:エネルギーが満ちるようなリフレッシュする香り
(クラリセージ、ネロリ、グレープフルーツ、サイプレシス、シダーウッド)
PI(ピンク)
お悩み:血行が悪いと感じる方へ、ヘルシーな肌印象に。クマ消しへの部分使いにも。
香り:幸せな気持ちになる、みずみずしくフェミニンな香り
(パルマローザ、ローズ、ラベンダー、ゼラニウム)
LA(ラベンダー)
お悩み:くすみの気になる方、肌に透明感がほしい方へ
香り:やわらかな自分を感じられるようなリラックスする香り
(ラベンダー、クラリセージ、フランキンセンス、ゼラニウム、マンダリンオレンジ、ミルラ、ベチバー)
WP(ホワイトパール)
お悩み:ツヤ感がほしい方へ。ハイライトとして部分使いも◎
香り:純白の花たちに包まれたような優しく優雅な香り
(イランイラン、パチョリ、オレンジ)
YE(イエロー)
お悩み:色ムラが気になる方に。黄ぐすみしない、均一感のある肌へ。
香り:心を和ませるほのかに甘い安らかな香り
(ローマンカモミール、ベルガモット、ラベンダー)
PB(ペールブルー)
お悩み:透明感がほしい方、乾燥によるくすみが気になる方に
香り:心を和ませてときほぐす、ほのかなハーブの香り
(ラベンダー、マンダリンオレンジ、ローズマリー、ゼラニウム、フランキンセンス、ミルラ、ベチバー)
*ペールブルーはヘアメイクアップアーティスト三苫愛(みとまあい)さんとのコラボカラー。発売後即完売し、入手困難アイテムとして伝説化したほど!



使い方・塗り方のポイント

メイクアップベースとして、ファンデーションの前にお使いください。使用料目安としては全顔で2プッシュ。(グリーン・ピンクは部分使いが向いているため、気になる箇所にのみお使いいただくのがおススメ)
適量を手に取り、載せたい箇所に少量ずつ薄く伸ばしていきます。やや固めのテクスチャーなので、一度手の甲に取ってから頬、額…などパーツごとに塗っていくとポロポロと崩れることなくキレイに仕上がります。塗るパーツは顔の中央から外側に向かって、とにかく手早く伸ばしていくのがコツ!

鼻筋、崩れやすい小鼻まわりは特に念入りに。目元や眉間、おでこも忘れずに。顔色が全体的に均一に整うように優しくのばしていきます。優しく手の体温で包み込むように、「トントン」と肌と密着させます。パーツごとに塗りながら、途中途中手のひらでおさえてあげると崩れを防止し、よれにくくなりますよ。


カラーチューナーを使ったベースメイク

カラーチューナーが塗り終わったら、スキンエクスパートパウダーで手軽に仕上げていきましょう。
湿気や暑さで汗ばむ時期や、蒸れが気になるマスクメイク時には、極力崩れにくいサラッと仕上げのメイクがいいですよね。
スキンエクスパートパウダーをリンパの流れに沿って、内側から外側へ。柔らかいブラシが細かい部分にも優しく肌にフィットし、ふんわりとキメを整えてくれます。仕上げに優しくハンドプレス。2ステップで終了できる簡単ベースメイクです。

さらにカバー力が欲しい、という方にはカラーチューナーの後にコンシーラー、ファンデーションをご使用いただいてもOK。カラーチューナーのツヤ感を残したい場合はリキッドファンデーションをお使いいただくのがおススメです。

TIPS:PB(ペールブルー)とLA(ラベンダー)の違い

透明感というキーワードが共有しているペールブルーとラベンダー。この2色の違いが気になる方も多いはず。ラベンダーはくすみを抑え、明るい肌に。柔らかな透明感のある肌印象へ。ペールブルーはクリアな透明感。イエベの肌にも馴染み、自然なツヤ肌が作れます。
なりたい肌印象に合わせて、カラーを選んでみてくださいね。

▼m.m.m カラーチューナーのご購入はこちらから